専門家が教える!災害対応-院内ベーシックコース-開催します!

このコースは専門家育成コースではありません。地震や風水害、交通事故など、災害はいつ、どこで発生するかわかりません。患者の命を守る看護師として、身につけておきたい災害対応の基本を学習するコースです。院内における災害対応のベーシックとなる考え方や体制づくりについて、専門家から学ぶことができます!


日立コース

【コース名】災害対応-院内ベーシック-コース

【会場】日立総合病院 1号棟5F A会議室

【講師】前橋赤十字病院 救急看護認定看護師(元日本赤十字九州国際看護大学救急看護認定師教育課程教員)

    DMAT/ JICA国際救助援助隊 小池 伸享 氏

             ファシリテーター:数名

  

座学・机上シミュレーションコース

【日時】11月10日(日)10:00-16:00(受付9:30-)

【対象】すべての看護職・介護職・コメディカル・事務職員  50名募集

【場所】

【受講料】お申込の際、以下の中から参加条件をお選びください。

●一般参加 ¥7,000  

●日本救急看護認定看護師会H31(R1)年度(しくみネットで2020/3/31となっている)会員 ¥5,000

●開催施設(日立総合病院 職員)¥5,000

コース開催7日目までにお振込をお願いいたします。HPの振込先をご参照ください。

 

【募集期間】7/22〜11/1

【概要】皆さんがお勤めの勤務先の近くで災害発生!対応の備えは大丈夫ですか?

 災害派遣医療チーム(Disaster Medical Assistance Team; DMAT)隊員の育成システムは整備されてきていますが、病院内の災害対応マニュアル、訓練などは国家レベルで統一されたものはなく、各病院により異なります。

 本セミナーでは災害医療の原則を踏まえながら、災害発生直後における初期対応組織の立ち上げと、 多数傷病者の受け入れや看護介入を机上シミュレーションを通して学びます。

         

「災害拠点病院ではないから多数傷病者は訪れない!」ということが本当に言えますか?災害はいつ発生するのかは誰もわかりません。局所災害から広域災害まで看護師として病院受け入れを一緒に考えましょう!!

シミュレーションでやさしく、ゆっくり、ベーシックを学ぶので、災害に関する経験や学習経験のない方にオススメのコースです!

 

お願い

*  病院主催ではありませんので、病院への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

*  昼食のご用意はありません。

ダウンロード
日立総合病院会場案内図 JDIEC.pdf
PDFファイル 3.1 MB