JDIECコース

急変対応コース

(前橋:1/12-13)延期

これだけは知っておきたい急変対応をシミュレーション教育によって身につけるコースです。臨床推論を活用して4つの徴候のキラーディジーズへ対応していきます!

急変対応コース

(山梨:11/10-11)

これだけは知っておきたい急変対応をシミュレーション教育によって身につけるコースです。臨床推論を活用して4つの徴候のキラーディジーズへ対応していきます!

急変対応コース

(東京:7/28)

これだけは知っておきたい急変対応を学習するコースです。4つの徴候のキラーディジーズとそれに対する知識と対応の根拠を座学で学習していきます!

院内トリアージ  Aの質を上げろ!

(北九州:11/4)

JTASで教授される標準化されたガイドラインの使い方に加え、精度の高い緊急度判定にためにはAcuityする能力が求められます。このコースではAquity能力の向上を目指します。


日本救急看護認定看護師会×JDIECコース

日本救急看護認定看護師会会員は優遇されるコースです。優遇内容はコースによって異なります。

災害対応-院内ベーシック-

(福岡:11/3)

災害対応の基本となるCSCATTTの概念を学び、実際に起こったと想定される災害への対応をシミュレーションで学びます。 

病態-画像-症状-看護がつながる!脳神経セミナー

(埼玉:1/27)

(京都:2/9)

臨床看護師のための、病態と画像と症状と看護をわかりやすく解説するセミナー。画像読影のポイントがわかることで予測的な観察や後輩への指導にも活用できます!

日本救急看護認定看護師会 第2回ブラッシュアップコース

(埼玉:3/10)

日本救急認定看護師会会員のみのブラッシュアップコースです。「救急初療看護をふりかえる!」をテーマとして、講義とケーススタディ討議で救急看護について深めていきます。

IDを用いた研修設計セミナー

(東京:9/22)

研修に関するお悩みはありませんか?研修のための研修ではなく、組織に貢献できる人材を育成するための研修を企画するために、IDを用いた設計について学んでみませんか?


九州救急看護認定看護師会コース

2018年度セミナーは終了しました。2019年度のセミナーをお楽しみに!

学会関連コース、および会員が開催するコースのご紹介

KIDUKIコース

(日赤九州看護大学:2/28)

患者急変の対応は、看護師の「何か変」と気づくところから始まります。急変の兆候に気づくことができれば、その後の初動が変わります。これはすべての看護師が備えておくべき能力です。

JTASコース

(日赤九州看護大学:1/11)

JTASは患者の緊急度を評価することができます。救急外来や時間外外来にはさまざまな訴えの患者さんがやってきます。ここで求められる能力が緊急度を判定する能力です。これは一般病棟や在宅看護にも必要となる能力です。

患者急変対応コース iMEPコース

JDIECの急変対応コースをiMEP(ニプロ)で受講することができます。詳しい日程はiMEPのHPをご参照ください。